現場の声

当社会員で歴史があり高収益のオーナー企業で持株会社の株式を兄60%弟40%所有している会社がある。兄弟は仲が悪く株主総会時は必ず参加、3分2の議決権の賛成で決まる株式の消却・合併・分社などの重要案件は弟が全て否決、経営上大きなマイナスが生じている、株価が数十億で今も高収益で上昇しており兄の社長としては、資金負担の大きさから買戻しも出来ず困っているが動けない、高齢の為相続の不安も日に日に高まっている。

オーナー企業としての資本政策

Up to Date

UptoDate2016夏号

Up to Date 2016年夏号を発行しました。
今回の特集: 士業座談会 事業承継における不動産評価と鑑定の重要性

2016年特別号

Up to Date

UptoDate2016春号

Up to Date 2016年春号を発行しました。
今回の特集: 平成28年度税制改正について

2016年春号

Up to Date

UptoDate201601

Up to Date 2016年新春号
前の年と同じように、 グループ会社と各パートナーの新春ご挨拶を載せました。

2016年新春号

Up to Date

UptoDate201511

Up to Date 2015年11月号を発行しました。
今回の特集: 士業座談会 失敗事例から学ぶ 事業承継の考え方とその対策 [前編]

2015年11月号

Up to Date

UptoDate201507

Up t oDate 2015年7月号を発行しました。 今回の特集: 士業座談会  税の観点から見た事業承継の現状と将来の展望「前編」  

2015年7月号

Up to Date

UptoDate201503

Up t oDate 2015年3月号を発行しました。
今回の特集: 「平成27年度税制改正について」

2015年3月号

現場の声

事例

今年4月、同族会社のオーナーが出張中に心臓麻痺にてお亡くなりになられ、お別れ会に参加しました。当社の会員で優秀な経営手腕を発揮し、事業を海外に拡大することで会社を大きく発展させました。より規模を大きくしつつある中での突然の死去であったのです。60歳前半で経営者としては油の乗りきった年齢であり、後継者の育成もこれからといった段階で、準備は出来ていなかったと思われます。

事業承継事例研究対策

Up to Date

UptoDate201409

UptoDate201409Up toDate 2014年9月号を発行しました。
今回の特集: 「オーナー企業の非上場株式の評価」

2014年9月号

現場の声

iStock_000041587676Small

私見ですが、それぞれの評価方法の優劣は、現状の上場株価において、自社がよほどの好成績にならない限り、類似業種比準価額方式のほうが安くなる傾向にあるように感じています。

オーナー企業の非上場株式の評価

Up to Date

UptoDate201407cover

Up toDate 2014年7月号を発行しました。
今回の特集: 「事業承継事例研究と対策」

2014年7月号

Up to Date

PDFをダウンロード

Up toDate 2014年5月号を発行しました。
今回の特集: 「法律改正セミナー」

2014年5月号

現場の声

iStock_000027623540Small

会社運営や事業活動の法的な基礎となる会社法・民法について、現在大規模な改正作業が進められています。
会社法については、平成18年の会社法施行後初めてとなる本格的な改正案が今国会に提出されています。また、民法については戦後最大級とも言われる大改正に向けて5年越しの作業が行われており、現在詰めの議論が行われています。

会社法・民法の改正について

現場の声

DCIM100GOPRO

今回の税制改正は昨年度と比べると大きな目玉となるものは少なく、小ぶりな税制改正となったという感じを受けます。ただ、その中でも事業承継対策の観点からみると、お伝えしたい内容がありますので、本稿で取り上げたいと思います。

事業承継対策の観点から見た税制改正

現場の声

iStock_000002823715_Small

引継には会社の文化をどうして引継ぐか、経営力の備わった手腕を身に付けさせるか、会社の後継者として同族内・社員・取引先・銀行・株主に納得させるかなど、乗り越えるべき多くの壁が立ち塞がっている、時間・労力・資金を注ぎ込んでも成功するとは限らないと言える程完全な継承は簡単ではない。

カリスマ性の高い経営者、後の承継は至難の技

現場の声

iStock_000021130569Small

自社株式を移す時に 20% の譲渡税は取られますがこの税金は自分が払い、相続税・贈与税は受け継ぐ子供に払わせるよりも、つまり自分の相続税は自分が元気なうちに払うという考 え方が事業承継には必要であり、最善の引継ぎ方法 であることは間違いないと考えます。

自社株対策に特効薬は無い

Up to Date

UptoDate201403月号表紙

Up toDate 2014年3月号を発行しました。
今回の特集: 「2014年度オーナーに影響の大きい税制改正」

2014年3月号

現場の声

iStock_000012296115Small

持株会社のメンテナンスについて、押さえておくポイントは次の5つです。
① 株価はどうなっているか
② 後継者へ 「100%」 株式を承継できるか
③ さらに本社株式を持ってもらうか
④ 持株会社に持たせる不動産はないか
⑤ 借入の返済はできるか

効果を最大限引き出すための持株会社メンテナンス

現場の声

bitcoin

現時点の問題点として、価格変動が激しい・マネーロンダリングに利用される恐れがある、等指摘されているがこれも技術的に解決されるものである、スマートフォンをかざし決済する時代となった今、国別の通貨があり両替して使わねばならないシステムが曲がり角に来ている事は間違いない。

ビットコインによるスマート決済

現場の声

iStock_000014997757Small

新しい考えと知恵で仕事場を減らさないコンサルティングの実施で効果を出すことを期待したい。故人となった船井幸雄氏も願っていることは間違いない。

船井総研創業者死去

Up to Date

UptoDate201311表紙

Up to Date 2013年11月号を発行しました。 今回の特集: 「資本政策を進めるうえで有効な金庫株」 PDFをダウンロード

2013年11月号

現場の声

2014

年明けましておめでとうございます。旧年中はいろいろとお世話になりました。本年もよろしくお願いします。私は67歳になっていますが昨年一年間コンサルタントの現役を続けることができました、役に立たなくなるまでは経験を生かした事業承継の支援を続けようと思っています。

2014新年の抱負

現場の声

iStock_000031717800Small

2013年も後半月で終ろうとしている。例年では周りでクリスマスソングが騒がしく鳴り渡り、商店では年末商戦たけなわのムード一色、師走だなあー年内にやり残しを作らないように、気を引き締めてやろうと、いつもは街全体がこのような空気に包まれ活気があるのであるが今年はそうならないのは何でだろう。

何時とも違う今年の年末

現場の声

iStock_000013954590Small

会社は人を雇用し組織化し大きな力で利益を追求する、個人は自分だけの力で金を稼ぐ、この稼いだ金で会社を保証することは出来る事ではない、古い慣習が事業承継の進展を阻害していることは問題である、政府の早期対応が待たれる。

事業承継と個人保証

現場の声

純資産を減らす

同族企業のオーナー経営者様の自社株式の承継において、最大の問題点は個人財産の大半は高額となった自社株式です。後継者は、素晴らしい会社を残してくれた父親に感謝すると同時に、どうやってこの会社の株式を引き継いだら良いのかという困惑も生じることになります。

純資産を減少させるには

現場の声

iStock_000002825478Small

100%もしくはそれに近い議決権を持っていても、株主総会を実際に開催しないと、永久にリスクを背負う事になります。
同族以外の株主がいる会社では、招集手続を適正に行ったうえで、株主総会を実際に開催することが絶対に必要です。 

株主総会を開催していなかった為大変な事になった事例

現場の声

drawing a graph

関連会社を多くお持ちのオーナー様は、その議決権に25%を超えての会社間の株の持ち合いがないかチェックしてください

最近の議決権トラブルの事例