軽視しがちな事業承継の課題:番頭の承継


株式会社エスネットワークス
関西支社長 公認会計士 下村 雄一朗

Ⅰ.事業承継の最難題

1.事業承継の課題

事業承継には多くの課題があり、会社オーナー様の頭痛の原因となっている事と思います。数多く事業承継をやって参りましたが、その中で会社オーナー様を悩ませる大きな課題は次の3つではないでしょうか。
(1)   税金
(2)   支配権(議決権)
(3)   後継者
そのうち、(1)事業承継に絡む税金に対応する税理士は大勢おり、その対応は事前に相談を続ける限り、問題はある程度払しょくできる問題であります。

(2)承継会社の支配権(議決権)につきましては、河野コンサル様、リーガルバンク様の大いに得意とされる所にて、安心してご相談されればよい問題であります。

(3)後継者につきましては、次期社長(次期オーナー)につきましては、十分にご検討されている課題であるのではないかと想定致しますが、次期社長の右腕、つまり、番頭さんについては問題を想定された事はございますか。本件、番頭さんの承継につき、お話しさせていただきます。

2.番頭の事業承継の重要性

ここでは番頭さんの承継を考えてみます。どの会社も現社長(現オーナー)がご苦労され会社が存続してきた過程の中で、頼りになる番頭さんが1人、2人は必ずいたのではないでしょうか。例えば、管理部門(銀行調整)・営業などで頼りの方がいませんでしたか。次期社長(次期オーナー)は現社長(現オーナー)より、ご経験は当然少ないわけですから、支える方が非常に重要になって参ります。そんな中で、番頭さんが次期社長(次期オーナー)の下で十分に発揮される事が重要です。

Ⅱ.番頭の事業承継の難しさ

1.番頭の事業承継の難しさ総論

事業承継に伴い、番頭さんの承継も起こりうる問題ですが、番頭さんの承継には、社長(オーナー)の承継以上の難しさを伴います。いや、うちの番頭さんはそのままやってもらうから関係ないよと言う会社様でも、問題が大いにあるのです。難しさの原因は以下の2点だと想定しております。

(1)旧番頭さんの扱いが非常に難しい

新社長(新オーナー)が仮に現社長(現オーナー)のご親族のお若い方であれば、現社長が(現オーナー)がご心配され、今の番頭さんに助けてやってくれと言われることがあると想定されます。しかし、これが問題だったりするのです。新社長(新オーナー)がいかに優秀であっても、番頭さんの専務には気を使い、番頭さんの専務も現社長(現オーナー)とどうしても比較し、意見がぶつかり、なぜか新社長(新オーナー)が番頭さんの話を聞かなかったからだと言う風潮になりやすい傾向があります。しかし、必ずしもそれは新社長(新オーナー)が悪いわけでもなく、気を使い、やりやすいようにできなくなってしまっている土壌が悪いのかもしれないのです。結果、旧番頭さんとの折り合いが難しく、扱い辛いと言う結果になりやすいのです。

(2)新番頭を任せられる人がいない

では、よし分かったと。旧番頭さんはお辞め頂き、番頭さんも代替わりをさせようとなったとしても、新番頭さんを任せられるような人がいないと言う状況になりかねません。どの人も線が細く、頼りないという状況になりやすく、旧番頭さんも新番頭さんも駄目では、どうすればよいのかと言う話をよくお聞きます。

ここでふれて来たように、番頭さんと言うのは重要性が高いにもかかわらず、承継しにくいと言う難点まであるのです。

実例に枚挙はありませんが、過去の歴史に少し学んでみましょう。

2.実例:失敗事例:戦国時代・甲斐武田家

かなり昔になりますが、戦国時代、有名な武田信玄と言う大名がおりました。武田家の事業承継を見てみましょう。武田信玄には多くの優秀な番頭さんがおられました。子供の武田勝頼にも多くの優秀な番頭さんがそのまま引き継がれましたが、結果、戦いで負け、武田家は滅亡するに至りました。勝頼も素質は悪くなく、優秀な番頭さんがいたにも関わらずです。武田家のポイントは「旧番頭さんのプレッシャーが強かった事」「偉大すぎる父の影響」であります。優秀な番頭さんを生かしながら、自分子飼いの番頭さんもいれば、武田家は違った結果になったかもしれませんね。番頭さんたちも偉大な前オーナーの影を見続けすぎたのでしょうね。

3.実例:成功事例:戦国時代・越後上杉家

一方よく、甲斐武田家と比較されるのが、ライバルでありました越後上杉家ですが、越後上杉家の例を見てみましょう。上杉謙信と言う有名な方がおりますが、この方には宇佐美定満と言う番頭がおりましたが、次の上杉景勝には、大河ドラマでも有名になりました、直江兼続と言う番頭がおりました。きれいに代替わりをし、上杉家は諸々の困難があるなかで、明治時代まで存続し続けた戦国大名家でした。上杉家のポイントは、「上杉謙信が直江兼続に帝王学を教えた事」「旧番頭から新番頭にオーナーと共に代替わりした事」であります。結果、番頭さんの承継は以下の2手法が検討されます。

Ⅲ.番頭の承継手法

1.内部での育成

新社長(新オーナー)を育てると言う事はよく時間とコストをかけてでもされる会社は多いと想定されます。いわゆる帝王学です。組織論・人事政策・営業・管理等色々な分野の教育をされますが、それと同じ労力以上をかけ、新番頭さんを育てると言う事を実施されるべきです。旧番頭さんの引継はなかなかうまくいく事ではないと言う事は先ほど述べましたので、旧番頭さんの時期を切り、その時期までに新番頭さんに時間・コストをかけてでも引き継がせるのが結果うまくいくと思われます。

2.外部からのアウトソース

心理的抵抗感があると想定されますが、外部から採用ではなく、外注(アウトソース)にてその会社の得意分野、例えば営業・経理財務・人事などをお任せすると言うケースが増えております。プロの経理財務部長を例えば出向で外部からお願いし、人件費コストより高くとも、責任を負ってやっていただくと言う事が責任・役割が分かりやすいといい、近年増えてきております。弊社も創業10年強になりますが、同様のビジネスを展開しております。よく番頭さんの紹介・派遣などはよくありますが、紹介・派遣では結局人の採用でしかなく、責任の所在は会社様にあります。アウトソースとの違いをはっきりすることがよろしいかと思います。結果、社内で育成できる番頭さんの得意分野以外の他分野を外部のアウトソース機能で賄うのがよい手法と想定します。番頭さんも承継が必要だとご理解いただければ幸いです。

Print Friendly, PDF & Email

関連タグ :