新しい時代

株式会社河野コンサル
代表取締役社長
 河野 一良

今、大阪市長橋本徹氏率いる“平成維新の会”が期待の動きとして、脚光を浴びて来ています。閉塞感の充満状況にある日本社会の中で、政治の不満、景気の不満、震災対応遅れへの不満、失業に対する不満、高齢化対応の遅れ等々多くの問題を抱えており、国民全体に諦めムードが強くなって来ているのです、そんな中で坂本龍馬の明治維新再来イメージを醸し出す、速いテンポの口調と行動が若者や無党派層に感銘を与えているのだと思われます。
これから日本国は下り坂を辿ることは確定しており、今ある仕組みはそぐわなくなって来て、益々下り坂を下るスピードが増すことは間違い無い事です、少子高齢化からの人口減少が始まっていることを考えれば誰にでもわかることです。
公務員も国会議員も官庁も組織自体を縮小させる事は当然、その打つ手が遅遅として進まない、その事が国民の閉塞感と不満を醸成しているように思います。
世の中は過去を否定するぐらいの変貌が、至る所に始まっています。新聞・テレビ・固定電話・パソコン・家電・広告・物知り博士・プロフェッショナル・事務所・机等20世紀の代表とされるものが、その姿を消しつつあるのです。
今年度決算において時代の流れに遅れをとった、大企業も軒並み減益、赤字計上を余儀なくされて来ています。今こそあらゆる組織で時代の流れを取り込み、活用できるリーダーが望まれるのです。時代にそぐわなくなったものを、ぶち壊し新しい時代に必要な仕組み、組織を造る能力、リーダーシップの発揮が待たれています。
世界第2位の経済大国は既に消滅しました、先を見透した上での日本の体力、スケールにみあった政治・経済・社会制度が早くできる事を期待しています。

Print Friendly, PDF & Email

関連タグ :