急激な変化に備えるために

株式会社河野コンサル
代表取締役社長 河野  一良

大きく変化する現象がはっきりと見える様になって来ました。巷には不安と期待が渦巻き、その流れに翻弄される人々が数多く見えるようにもなってきています。企業は合併やM&A、後継者難による廃業で数を減らしており、更に急激な変化に備えるために規模を縮小しています。スマートフォン、iPadなどの新機材の投入のため、これ迄に花形機材であったテレビ、カメラ、オーディオ、ファクス、コピー、紙などが急速に存在価値を失いつつあります。物は限りなく小型化を目指し、大型の工場、組織、規模は不要の方向に変化を余儀なくされつつあります。利益を上げる物が量やスケールでは無くなって来ているのです。社員は減少し事務所スペースは小さくなるでしょう。見える様になって来た変化を挙げれば今後の働き場所は事務、製造業では減少するしかないようです。新しい時代に即した働き場所を見つけるか、自分でビジネスを手がけるかがポイントとなって来るでしょう。

Print Friendly, PDF & Email

関連タグ :