日本の伝統を承継する

株式会社河野コンサル
執行役員 太田久也

日本電産、ソフトバンク、ニトリ、ヤマダ電機、楽天等、この不況下にも関わらず、業績を上げ続けている強い会社。そして、これらの会社に共通する特徴として、決断力の早さや卓越した先見性、洞察力を持った『オーナーの存在』が挙げられます。

強力なリーダーシップを発揮するオーナーの存在は、上場企業の中でも、勝ち組と負け組を大きく左右する要因の一つだと思います。

日本には会社が約260万社ありますが、そのうち上場企業の割合は1%もなく、99%は中小企業、つまり、日本の会社のほとんどはオーナー企業であることがわかります。

そして、これらの中小企業、オーナー企業の中には、卓越した技術力や商品力を持った他社の追随を許さない、世界シェアトップクラスを誇る企業が日本にはたくさんあります。

こういった優れた企業の存在が日本の国際競争力を高め、日本を豊かにする源泉であることは言うまでもありません。

したがって、本来であればこういった企業を守り育て、さらなる発展成長を支援するための制度を国を挙げてバックアップすることが必要不可欠であるにもかかわらず、残念ながら今の日本の法制度はそうなってはおりません。

世界一高い法人税で企業活動の国際競争力を弱め、換金性の乏しい未上場の自社株には多額の相続税を課し、事業承継の邪魔をする。

事業承継ができなければ、世界に誇れる優れた技術力や商品力も途絶えるばかりか、ひいては日本を弱体化することにもつながりかねません。

資源の乏しい日本において、今後益々厳しくなるであろう経済環境下のもと、日本の存在を世界に示し、より豊かで強い日本を築いていくためには、世界に誇れる日本の技術力や商品力を持った中小企業、オーナー企業の存続が必要不可欠です。

そのためには、優れた技術力や商品力を途絶えさせることなく、中小企業、オーナー企業の事業承継がしやすい環境や法制度を一刻も早く整備してもらうことを国に望みたいとともに、弊社はオーナー企業の事業承継に特化した専門会社として、その責任と使命感を持って、日々の活動により一層の研鑽を重ね、今後の業務に精進していきたいと思います。

Print Friendly, PDF & Email