オーナー企業の自社株予測

株式会社 河野コンサル
代表取締役社長 河野 一良 
政権交代が有り自民党が政治の舵取りを取る事になりました、優先課題に景気の高揚を掲げた、事により急激な円安、その効果を見越し10600円台迄日経平均株価が高騰、経済見通しに明るさの兆しが出た感が有ります。昨年11月比約20%の急騰となったため、今年の類似業種比準価格数値は大幅に引き上げられると予測します。長い間のデフレ、経済の低迷により未公開株式の価格は、時価に近い簿価純資産価格の10~20%の低い価格が当たり前、自社株対策の実施し易い環境にありましたが今回の日経平均価格の高騰により対策は厳しくなるものと思われる。但し今年2013年一年間は国税庁から発表される(6~8月)前年平均株価を使用可能な為自社株式の買取、持株会社への売却、贈与などは早めに実施する事をお勧めします。株価は生きものです、常に上下していますので自分の会社の株価には関心を持ち経営に当たりましょう。

Print Friendly, PDF & Email