DellはなぜTOBにより株式非上場化がしたいのか

司法書士法人リーガルバンクDellはなぜTOBにより株式非上場化がしたいのか20130508homepage
司法書士 鈴木 泰幸

数ヶ月前、DellのCEOのマイケル・デル氏とシルバーレイク社で、Dellを買収し、株式非上場化を行う予定であることが発表された。
なぜDellは株式非上場化をしたいのか?
それは、株主の顔色をうかがわずに経営ができるからである。非上場企業は、上場企業に比べ、長期的な展望に立った経営ができる。場合によれば、利益は上げずじっと時を待つこともできる。
ところが、上場企業は、お金だけが目当ての株主に、四半期ごとの結果を求められる。おそらくDellのCEOのマイケル・デル氏は、もう一度自分の思う経営がやりたかったのだろう。
しかし、最近、米投資会社ブラックストーングループから買収提案を受けたり、アイカーン氏も買収に名乗りを上げたりと何かと騒々しい。行きはよいよい帰りは恐い。
一旦上場すると、おいそれと非上場化するのは、上場の何倍も難しいのである。

Print Friendly, PDF & Email