船井総研創業者死去

株式会社 河野コンサルiStock_000014997757Small
代表取締役社長 河野 一良
2014年1月船井総研の創業者、船井幸雄氏が亡くなりました。戦後から高度成長期・安定期の期間又日本経済が世界第2位を謳歌した全期間を通じ、事業経営のコンサルタントとして活躍、船井総研の業容を拡大、公開会社として我国No1のコンサルティング会社として、今も突出した活動を行っている。著書も数多く、事業経営の99%以上を占める中小企業の経営支援に多大な好影響を与え、多くの優良企業を世に出した功績は大きい。船井幸雄氏が活躍したビジネス環境は大きく変わり今までにやって来た手法は全くと言っていいほど変化し、これからも激変して行くことは間違いない。
コンサルティングに携わる人が変化のスピードに追いつかず右往左往している現実において、船井総研が創業者の残した文化や理念を引継いだうえで、どのように社会に貢献して行くかを期待したい。日本の人口は減少し続け、世界の景気も見通しは良くない、事業会社はM&A・合併を繰り返し巨大資本化しており、その影響で競争力を奪われた会社及び事業所はハイピッチで姿を消して来ている。激変しているビジネス環境の中で流れを先取りした経営、変化に対応した経営のコンサルティングの重要度が日増しに高くなってきている、又高齢化進展で後継者難も至る所で顕著になっており、商店街のシャッター通り化も日本全土で猛威を奮い続けている。
新しい考えと知恵で仕事場を減らさないコンサルティングの実施で効果を出すことを期待したい。故人となった船井幸雄氏も願っていることは間違いない。

Print Friendly, PDF & Email