現場の声

自社株対策の手法が限られるなか、自社株対策をどのように進めていくかですが、持株会社や従業員持株会の活用に行き着くのではないかと思います。

税理士からみた自社株対策の重要性

現場の声

世界中で会社組織は減少し、個人事業者の活躍する時代が来ており、そのシェアーが急速に高まるものと思われる。この大きな流れについて行けるか否かでリッチかそうでないかが決まる時代、誰でもチャンスが有りチャレンジ出来る新しい時代だ、根性と粘りが未来を手に入れる事が出来るのです、時代を動かすチャレンジャーになろうではありませんか。

最新の動きについて

現場の声

増税論ばかり目立つが、会社株式の相続税負担を軽減するか、会社株式そのものを相続時相続財産から除外し、M&Aや他人への譲渡、現金化した時点で徴税するやり方に変えるべきだと考える。優良で世界と戦える、力のある中小の同族企業を温存する事は、国力低下に歯止めをかける為の国策上からも重要であると思われる。

オーナー企業の自社株式の重要性

現場の声

大きく変化する現象がはっきりと見える様になって来ました。新しい時代に即した働き場所を見つけるか、自分でビジネスを手がけるかがポイントとなって来るでしょう。

急激な変化に備えるために

現場の声

株主総会のシーズンが到来しました。株主総会攻防劇と言えば、株主総会の席上で株主と経営陣との激論をイメージされる方も多いと思われますが、未上場会社における株主総会をめぐる攻防劇については、かなり事情が異なります。

未上場会社における株主総会攻防劇

現場の声

経営の失敗と会社株式の認識の甘さが8億もの安定収益を出す優良会社を失った事例です。

事業承継の失敗例

現場の声

2012年3月8日森ビル会長 森稔氏が死去、六本木ヒルズ等の再開発事業で名を残した人です。日本で人口減少に転じた3年前を境に不動産価格の低下が著しく、素人目にも目立つ様になって来ています。

不動産の変遷

現場の声

地球規模での変化は、20世紀には経験した事の無い社会の仕組みや、生活スタイルを変える程の変革のうねりが来ているように見えます。私達はこのうねりに巻き込まれないようにしなければいけません。

変革のうねり

現場の声

最近の新聞報道で、東京電力の福島原子力発電被災者補償に対し、税金投入した出資金の比率により、国と東京電力の攻めぎあいが紙面を埋め始めている、これは会社法に定められた規定により、“会社は誰のものか”の国と東京電力の争いであり、解りやすく言えば東京電力という会社の取り合いなのです。

会社の支配

現場の声

今年度決算において時代の流れに遅れをとった、大企業も軒並み減益、赤字計上を余儀なくされて来ています。今こそあらゆる組織で時代の流れを取り込み、活用できるリーダーが望まれるのです。

新しい時代

現場の声

1945年太平洋戦争終戦、20歳前後の兵隊が戦地から帰還、結婚し家庭を持ち多くの子供をもうけた、それから66年が過ぎ事業を起こしたオーナーも80歳を超え、又その子供も60歳を超えようとしている、特に団塊の世代が65歳になりつつあり次世代(子供)に引き継がねばならない企業が多数存在して来ているのです。

事業承継から見た日本

現場の声

2012年2月14日、中国の次期最高指導者である、習近平国家副主席が米オバマ大統領とワシントンで会談しました。先ずは探り合いかと報道されていますが、日本の総理大臣は全て就任後バタバタ訪問を繰り返しています。

会社の承継

現場の声

平成24年度税制改正大綱が公表され、これを一言で表現すれば、“富裕者層に対する課税強化”、まさに、“とれるところからとる”、という姿勢が如実に感じられる改正項目であることがわかります。そして、、、

事業承継の救世主:法人の活用

現場の声

株式会社河野コンサル 代表取締役社長 河野 一良 新しい時代の胎動が見え隠れしだしたようです。河野コンサルも新しい時代に即したサービス提供に、社員共々取り組むための動きを始めています、海外を含め5拠点の事務所は基地となり […]

これからの河野コンサルの方向

現場の声

株式会社河野コンサル 代表取締役社長 河野 一良 皆様、昨年はひと方ならぬご支援を賜りまして有難うございました、本年もよろしくお願いします。 昨年は平成維新の年に相応しく地球規模で安定を欠いた一年であったように思います。 […]

新年のご挨拶

現場の声

株式会社河野コンサル 代表取締役社長 河野 一良 2011年国会も閉会しました、外交・社会・政治の重要問題は何一つ解決され無いまま終わったようです、このままでは日本国の沈没も近い、仕事をせずに自己保身に明け暮れる今の全政 […]

明日の危機

現場の声

株式会社河野コンサル コンサルタント 太田 久也 コンサルタント 北口 勝也 身代わり会社の目的と必要性 ・身代わり会社の目的 後継者への支配権の承継をスムーズに行うため 支配権の安定確保のため ・身代わり会社の考え方 […]

身代わり会社の運用と戦略的活用

現場の声

株式会社河野コンサル コンサルタント 太田 久也 日本の優良法人の特徴は、何か1番のものを持っているという点を先述いたしましたが(「経営者は独自の戦略を」)、優良法人のもうひとつの特徴は、女性が元気であるということです。 […]

モチベーションを保つ

現場の声

株式会社河野コンサル コンサルタント 太田 久也 私は事業承継に関わるコンサルタントを仕事にしているため、取引しているお客様は全国各地の社長様です。そういう方と話をしていると、とても勉強になります。 生産年齢人口(15歳 […]

経営者は独自の経営戦略を

現場の声

(株)河野コンサル 代表取締役社長 河野 一良 オーナーの殆どが「俺は死なない」と考えている節があります、理論上は人間は必ず死ぬことは理解しているのですが。そのため経営負担に耐え切れなくなるか(80歳以上)病気になるかま […]

事業承継でのオーナーと後継者

現場の声

(株)河野コンサル 代表取締役社長 河野 一良 銀行員時代~独立し現在まで約25年に亘り4,000名以上のオーナー経営者に関わった経験を通じ、私の視点からオーナー経営者像を描いてみようと思います。 オーナー会社の社長は会 […]

河野コンサルから見るオーナー像

現場の声

(株)河野コンサル 代表取締役社長 河野 一良 日本では、自社株式の重要性を本当に認識できているオーナー様はまだ少ない。オーナー企業4000社以上に事業承継で対応した経験から思うことは、相続税の支払いで心配だとの考えがニ […]

自社株式を引継ための考え方

現場の声

(株)河野コンサル 代表取締役社長 河野 一良 25年間事業承継のプロとして携わった経験上思うことは、「承継を上手くできるかどうかは、会社の存続を本当に考えているのかが明確になっているかいないか」で決まるようです。真剣に […]

会社存続の最重要課題

現場の声

株式会社エスネットワークス 関西支社長 公認会計士 下村 雄一朗 Ⅰ.事業承継の最難題 1.事業承継の課題 事業承継には多くの課題があり、会社オーナー様の頭痛の原因となっている事と思います。数多く事業承継をやって参りまし […]

軽視しがちな事業承継の課題:番頭の承継